2006年03月03日

Symbian Ltd. シンビアン社

携帯端末向け OS の開発メーカー,イギリス。スマートフォン用 OS の最大手。 1998年6月,Nokia と Psion 社,エリクソン社が設立。その後,モトローラ社,松下電器産業グループ,ソニー・エリクソン・モバイル・コミュニケーションズ社,独シーメンス社,韓国サムスン電子社も出資し Symbian OS を生み出した。5大携帯電話メーカーのうち加わっていないのはクアルコム社だけ。出資から5年間は株を売却できないことになっている。
 シンビアン社は,多機能電話やワイヤレスのハンドヘルド機などの,次世代型モバイル・コンピューティング機器用のソフトウェアを開発している。 130人の従業員でスタートした同社は,世界中に10の事務所を構え,500人の従業員を抱える規模にまで成長。スマートフォン用 OS の最大手で,各メーカーに活発に採用されている。
 2002年4月23日,ソースコードの約95%をサードパーティーの開発者に公開すると発表。これまでの携帯電話メーカーに加え,シンビアン・プラチナム・プログラムの参加企業が利用できるようになる。
 2003年8月12日,同社の『シンビアンOS』を搭載したスマートフォンの出荷台数が,2003年上半期は世界で268万台に達し,前年同期(23万台)の約12倍と発表。フィンランドのノキア社,ソニー・エリクソン・モバイル・コミュニケーションズ社,富士通の3社が,計7機種を販売,さらに26機種が開発中。8月28日,モトローラが戦略を転換し,株(出資比率19%)の売却を発表,ノキア社とサイオン社が買い取る。出資比率はノキア社32.2%(従来は19%),サイオン社31.1%(同25.3%)に上昇する。その他のメンバーの出資比率は,エリクソン(17.5%),松下(7.9%),サムスン(5.0%),シーメンス(4.8%),ソニー・エリクソン(1.5%)となる。9月26日,NTT ドコモと,オペレーター・テクノロジー・インテグレーター契約を結んだと発表。ドコモは,携帯電話向けシンビアン OS を FOMA 向けに改良し,携帯電話メーカーに配布できる。
 2004年,サイオンが株をノキアへ売却,同社の出資比率が63.3%になる。
 2006年2月14日,Symbian OS を搭載した携帯電話の出荷台数が,2005年は世界全体で3395万台に達したと発表。同社の2005年決算は,1998年6月の設立以来,初めて黒字化した。
posted by シンビアン at 17:39| Comment(0) | TrackBack(1) | NOKIA SMARTPHONE HACKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Symbian向けOpera 8がリリース

最新版では、表示をオリジナルのサイトに近くする「Quality」モードと、表示を高速化する「Speed」モードの2つのレンダリングモードを選択できる。

 Opera Softwareは7月13日、最新版モバイル版ブラウザ「Opera 8 for Symbian S60」をリリースした。

 この最新版は、先にリリースされたコンピュータ向けOpera 8と同じ最新のエンジンを使っている。JavaScriptとDOMのサポートが強化され、「エンドユーザーにとっては速度と機能性が向上し、携帯キャリアは高度なサービスを顧客に提供できる」と同社は発表文で述べている。

 最新版では、携帯電話の画面の幅に合わせてWebサイトを変換する「Small-Screen Rendering(SSR)」技術が大幅に改善され、高速スクロールによって小さなディスプレイで効率的にブラウジングできる4方向ナビゲーションが導入されている。

 また「Quality」と「Speed」の2つのレンダリングモードを選択できるようになった。Qualityモードでは、これまでのSSRよりもオリジナルのサイトの色、デザイン、レイアウトに近い表示ができる。Speedモードでは、Webページの表示はもっと単純になるが、25%高速に表示される。

 Opera 8 for S60はOperaのモバイルページからダウンロードできる。バージョン6.20のユーザーは無料でアップグレードが可能。
posted by シンビアン at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | NOKIA SMARTPHONE HACKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最新Symbian OS搭載のスマートフォン、ソニエリが発表

Sony Ericssonの新端末「P990」はSymbian OS 9.1とUIQ 3ソフトプラットフォームを搭載し、Wi-Fiネットワークにも対応。ユーザーはOpera 8でWebサイトを閲覧できる。(IDG)

 来年第1四半期に、Sony Ericsson Mobile Commnunicationsは、Symbian OS 9.1とUIQ 3ソフトプラットフォームを搭載した初のスマートフォンを発売する。同社が10月10日、明らかにした。

 この発表と同日に、Symbianの子会社UIQ Technologyは最新版ソフトプラットフォームUIQ 3向けのSDK(ソフト開発キット)を発表した。UIQ 3はSymbianをベースとしており、開発者はこれを使うと、UIQに対応した各社のスマートフォンで動作するアプリケーションを開発できる。携帯電話開発者は、それぞれの端末向けにアプリケーションを書き直したり、調整しなければならないことが多い。UIQプラットフォームはそうした作業を取り除くことを目指している。

 このSDKは、UQIの開発者コミュニティープログラムに登録し、Smartphone Showに参加した500人の開発者に提供される。Smartphone ShowはSymbianの年次カンファレンスで、10月11日から12日までロンドンで開催される。このSDKの最終版は、UIQの開発者プログラムサイトで10月26日からダウンロード提供される。

 Sony Ericssonの新端末「P990」は最新のSymbian OSを走らせるほか、UMTSとWi-Fiネットワークに対応し、2メガピクセルカメラを搭載する。ユーザーはOpera 8でWebサイトを閲覧できる。80Mバイトの内蔵メモリと64Mバイトのメモリースティックを備え、また別売りの4Gバイトメモリースティックも利用できる。

 Sony Ericssonは発表文で、発売前にこの端末を発表したのは、この端末が発売されてすぐに使えるアプリケーションを構築する時間を開発者に与えるためだと述べている。開発者はC++またはJavaでプログラムを構築できる。

 同社はこの端末をSmartphone Showで展示する予定だ。
posted by シンビアン at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | NOKIA SMARTPHONE HACKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。