2006年03月06日

米AT&Tが地域電話大手買収 米通信業界、2強体制に

米国の通信大手・AT&Tは5日、米国南東部が基盤の地域電話大手・ベルサウスを約670億ドル(約7兆8000億円)で買収すると発表した。両社は共同で、米国最大の携帯電話会社シンギュラー・ワイヤレスを保有しているが、合併完了後はAT&Tの名前で営業する。この合併で、地域電話から長距離、携帯までを網羅する巨大な通信企業が誕生。米通信業界では、ライバルであるベライゾン・コミュニケーションズとの「2強体制」が強まる。

 今回の買収は、ベルサウス株1株に対してAT&T1.325株を割り当てる株式交換方式で実施する。現在の株式時価総額は、両社の合計が1650億ドルで、ライバルのベライゾンの990億ドルを大きく上回る。

 米国では84年、競争促進のために旧AT&Tが解体され、地域、長距離、携帯などの事業分野ごとに複数の大手が存在するようになった。だが携帯や電子メールの普及で地域、長距離会社の経営が苦しくなったうえ、ブロードバンド(高速大容量)通信でケーブルテレビ会社との競争も激化。ここ数年、合併が相次ぎ、AT&Tとベライゾンの「2強」に集約されつつあった。このため今回の合併に対しては、消費者団体から「電話料金の値上げにつながる」と反対の声も出ている。

 地域電話会社は現在4社。現AT&Tは、テキサスやカリフォルニアなどで営業していた地域会社SBCコミュニケーションズが昨年、長距離会社として存続していた本家のAT&Tを買収し、社名を引き継いだ。

 地域会社のうち、北東部を基盤とするベライゾンも今年1月、長距離大手のMCI(旧ワールドコム)の買収を完了。英ボーダフォンとともに携帯のベライゾン・ワイヤレスも保有している。
posted by シンビアン at 16:56| Comment(0) | TrackBack(5) | 携帯電話 / スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンク、ボーダフォン買収金額は2兆円に迫る可能性も=関係筋

ソフトバンク<9984.T>によるボーダフォン日本法人の買収金額が、2兆円に迫る可能性もあることが5日までに明らかになった。ロイターの取材に対し、関係筋はM&A(企業の合併・買収)規模について、1兆円を大幅に上回り、2兆円に迫る可能性があるとしている。実現すれば、国内最大規模のM&Aとなる。
 関係筋によると、3月中の最終合意を目指しているという。
 ボーダフォン日本法人の2005年3月期の売上高は1兆4700億円、最終利益は1620億円。ソフトバンクは業績予想を公表していないものの、2006年3月期に売上高が1兆円を超えるのはほぼ確実となっている。ボーダフォンを傘下に収めることで、売上規模は2兆円台半ばに達し、約3兆円のKDDI<9433.T>との競争が一段と激しくなることが予想される。
posted by シンビアン at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話 / スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。