2006年01月31日

ルネサス テクノロジ、Symbian のユーザー支援プログラムに参加

株式会社ルネサス テクノロジと英国 Symbian は2005年1月19日、ルネサステクノロジの super AND 型フラッシュメモリのドライバソフトウェアが、Symbian のユーザー支援プログラム「Companion Technology Program(CTP)」に参加し、Symbian OS を公式にサポートする、と発表した。

これによりルネサス テクノロジは、Symbian OS のライセンシーとして Symbian OS を搭載したスマートフォンを開発・製造する携帯電話メーカーに対し、同ドライバソフトウェアの検証時間を短縮し、動作確認できるシステムを提供する。

super AND 型フラッシュメモリは、データの読み出しを行う際、メモリチップ自身が変化した箇所を検出し訂正する「エラー訂正機能」や、書き換え回数を平準化する「ウェアレベリング機能」など、従来システム側で対応していたメモリ管理機能を内蔵し、システム設計負担を軽減させる。

CTP は、富士通、Motorola、Nokia、シャープ、Sony Ericsson など Symbian OS のライセンシーの技術革新を促進することを目指しており、Symbian OS ライセンシーに対して、事前に Symbian OS 環境での統合や動作確認された技術を提供することで、開発期間の短縮と、技術的なリスクを抑え製品の完成度を高めることができる。

また、Symbian OS ライセンシーは、CTP のソリューションを採用する際、各ソリューション・ベンダーと直接ライセンス交渉することも可能だ。
posted by シンビアン at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Forum Nokia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。