2006年01月31日

Series 60 アプリケーションフレームワーク

CEikApplication から派生する CAknApplication クラスが提供されます。このクラスは再実装により CEikApplication を特化させます。

* PreDocConstructL()
* OpenIniFileLC(RFs& aFs)

PreDocConstructL はまず構築中のアプリケーションのインスタンスが既に存在していないかどうかチェックするために実装されます。もしもそのインスタンスが既に存在する場合は、アプリケーションは存在するインスタンスに切り替え、その後終了します。このチェックは非埋め込みアプリケーションに対して行われます。

デフォルトでは、 Series 60 アプリケーションは、 .ini ファイルをサポートしていません。 OpenIniFileLC は、コールされるとただリーブする単純な実装によりオーバーライドされます。 .ini ファイルが使用される場合、アプリケーションはそのアプリケーションクラス内でこのメソッドを実行することを強制され、 CEikApplication::OpenIniFileLC をコールします。
posted by シンビアン at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Series60プログラミングテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12555403

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。