2006年01月31日

Resource Struct RSS_SIGNATURE

RSS_SIGNATURE
Support

Supported from 6.0
Description

A utility struct that, used as the first resource in a resource file, provides a way to record what the resource offset is.

It contains two 32-bit fields: a version number and a self-referencing link. The RResourceFile::ConfirmSignatureL() function reads the signature resource and initialises the offset value from this resource.
See also:

* RResourceFile::ConfirmSignatureL()

LONG signature=EEikResourceSignatureValue;

A resource file version number.
SRLINK self;

A link to the current resource (i.e. itself). This should not be assigned a value.
posted by シンビアン at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Series60プログラミングテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。