2006年01月31日

日本語リソースの設定

Series60青本の230ページあたりに詳しい記述があるが、日本語(2バイト?)を取り扱うときは以下の点にも注意する必要がある。

* *.loc ファイル中に CHARACTER_SET UTF8 を記述する。*.loc ファイルそのものも UTF-8 形式にする
* 各言語のリソースを記述する *.l01 ファイルなども UTF-8 形式にする

ちなみに日本語の場合だと *.l32 になる。

*.pkg ファイルの記述を工夫すると各言語セットごとにファイル構成を変えることが出来る。これにより、各国に合わせたビットマップや音声などをセットアップすることが出来る。
posted by シンビアン at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Series60プログラミングテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12564015

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。