2006年01月31日

プログラミング

# サンプルプログラムのビルド(エミュレータ)

全てのプログラミングの習得についていえることですが、「習うより慣れろ」が大きいと思います。幸い、SDKにはたっぷりのサンプルが付いていますのでこれを活用します。自分の希望に近いサンプルを見つけたら、コマンドプロンプトを起動して下記のコマンドを実行してみましょう。

* cd "C:\Symbian\8.0a\S60_2nd_FP2_J_B\Series60Ex\APP_NAME\group"
* bldmake bldfiles
* abld build wins udeb

ここまでで、エミュレータで動作するビルドが出来ました。エミュレータを起動して動作を確認してみましょう。

# IDE ターゲット用のビルド

* abld makefile vc6

"C:\Symbian\8.0a\S60_2nd_FP2_J_B\epoc32\BUILD\SYMBIAN\8.0A\S60_2ND_FP2_J_B \SERIES60EX\APP_NAME\"以下(設定により若干変わることあり)に VC6 の設定ファイル (*.dsw) が出来ます。これをダブルクリックして VC6 の IDE 環境でデバッグすることが出来ます。
posted by シンビアン at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Series60プログラミングテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12564281

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。