2006年01月31日

開発環境をそろえる

SDKの入手


FORUM NOKIAのDeveloper GuideからツールSDKダウンロードを選んでSeries 60 SDK (ソフト開発キット) for Symbian OS Nokia Edition (英語)をクリックします
ここで、2nd ed.FP 2,japanies(141MB)を選んでDownload nowを押すとForum Nokiaのアカウント(IDとパスワード)を聞いてきますのでID,パスワードを入れてください。
このアカウントはthe registration form から登録できます。これは、簡単なアンケートです。
アンケート後に送られて来たメールでレジストしてください。
日本語版と英語版のメールが来ますが、英語版が来るまでダウンロードは出来ません。
あとは、別ウインドウでダウンロードが始まりますので、終了するのを待ってください。(私の環境ではダウンロード後にIEが異常終了しましたが、ダウンロードはちゃんとできました。

Perlの入手


このSDKではPerlが必要ですので、ActivePerlをインストールしておきます

JRE1.4の入手


無くてもコンパイルは出来ますが、ツールが一部使えませんのでJava Run-Timeの1.4以降をインストールして置いてください。

SDKのインストール


画面の指示に従ってインストールしてください。最後に再起動があります

VC,BloandC++を使わないでコンパイル


実は、エミュレータを使わなければこのIDE環境は不要です。
いきなり実機でのテストになりますが

HelloworldBasicをコンパイルしてみる


* Windowsのコマンドラインを開きます
* HelloworldBasicのディレクトリーにいどうします
CD \Symbian\8.0a\S60_2nd_FP2_J\Series60Ex\helloworldbasic\group
* ビルドの準備を行います
bldmake bldfiles
* ビルドします
abld build THUMB UREL
* ビルドが終了すると¥SISフォルダにpkgファイルがファイルができますので、SISファイルに変換します
CD \Symbian\8.0a\S60_2nd_FP2_J\Series60Ex\helloworldbasic\sis
makesis helloworldbasic.pkg
* これでSISファイルができましたので、超勝手アプリのインストールと同じように702NKへインストールします。

※ちなみに\Symbian\8.0a\S60_2nd_FP2_J\epoc32\BUILDの下にMakeファイル、オブジェクトが作成されますので気をつけてください

AIFのアイコンを変更するときは一度、\epoc32\data\Z\system\APPS\アプリケーション名\の下のAIFファイルを消して、再度BUILDします。
これをしないとアイコンが変更されません

これで何とか、開発できる状態になりましたので、実際のプログラムの構成を見て行きたいと思います。
posted by シンビアン at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Symbian OS C++ 実践開発技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。