2006年02月11日

Cクラス

 Cクラスは、Tクラス以外の一般のクラスになります。Cクラスは、後に述べる「クリーンアップスタック」の関係から、必ずCBaseクラスを継承しなくてはいけないという制約があります。繰り返しになりますが、携帯などの組み込み環境では「メモリの確保が、もっともリソース不足によるエラーを起こしやすい」点に注意してください。

 CBase クラスは大きく次の二つの機能を提供します。

* ゼロ初期化
* 仮想デストラクタ

 上記の二点は、どちらも後述する「クリーンアップスタック」に関係してきます。長くなりますので、詳細は「コンストラクション(Cクラス)」で見ていきます。
posted by シンビアン at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Series60プログラミングテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。