2006年02月13日

コンベンション

「コンベンション」とは、システム設計に関する規則のことです。「コードコンベンション」という単語が一番馴染みがあるでしょう。コードコンベンションとはコードを書く時の規則のことです。(例えば)Java言語の構文規則のことではありません。それにのっとった上で、例えば関数のコメントはどこに書くかとか、関数名の決め方などを決めたのがコードコンベンションです。当然のことながら、こうした取り決めはいったん決めてしまえばいろんなシステムに適用できます。

コンベンションはコードだけに限りません。仕様書や設計書の書き方、そしてそもそもどんな仕様書を用意するのかなど、システム開発のやり方を規定する様々な規則がコンベンションです。システム開発のモデル化とも言えるでしょう。「システム開発=モデル化」という考え方からすればこれはメタモデルです。

開発するシステムの種類によって適切なコンベンションは変わってきます。小規模システムと大規模システムでは違いますし、データベース系と組み込みリアルタイム系でもまた違うでしょう。その場にあったコンベンションを開発し、それは同じようなシステムで使い回すというのがよいやり方でしょう。
posted by シンビアン at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Series60プログラミングテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。