2006年02月13日

メタモデル

「メタモデル」とは、モデルをモデル化したものです。「CDには複数の曲が入っていて、曲にはタイトルと作曲者がある」というのがCDというものをモデル化したものだとすると、「オブジェクトには属性があり、それぞれのオブジェクトは関係しあっている」というのがモデルをモデル化したものです。

メタモデルというのは案外いろいろな場所で顔を出します。データベースのテーブル設計がモデル化であるとすると、テーブルの定義方法を設計するのがメタモデルです。プログラムそのものに対して「プログラムには関数と変数があって……」というのがメタモデルです。

メタモデルというのは一種のパターンです。メタモデルはただシステムを開発するだけならさほど意識しなくてもすむのですが、開発スタイルや開発ツールを作成しようとすると目を向けなくてはならなくなります。
posted by シンビアン at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Series60プログラミングテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13242601

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。