2006年02月14日

Sony Ericsson、Symbian採用のスマートフォンにメモリースティックDuo搭載

Sony Ericsson Mobile Communicationsは、すでにアナウンス済みのGSM携帯電話「P800」に、メモリースティックDuo(以下Duo)スロットを搭載することを発表した。

P800は、3月にすでに発表されていたもので、今回、詳細なスペックが明らかになった。大きな特徴はDuoに対応した点。日本でもDuo対応端末が7月に登場することが明らかにされているが、正式なアナウンスとしては「世界初ということで間違いない」(同社日本法人広報)。容量は16MBのものが同梱され、PCとの各種データ交換や端末のデータをバックアップすることができる。MP3プレイヤー機能も搭載されており、Duo、または端末に保存した MP3ファイルを再生して、付属のステレオイヤホンで楽しむことができる。

デジタルカメラも内蔵されており、撮影画像やPCから転送した画像データをスクリーンセーバーとして利用したり、フォトライブラリーに保存したりできる。内蔵メモリは12MBで、付属の16MBのDuoと合わせ、28MBのユーザーメモリが提供され、十分にデータを保存できる。データの転送は、 Duoだけでなく、Bluetooth、赤外線、ケーブル、と多彩な方式に対応している。

Sony Pictures Digital Entertainmentが提供する、7月公開の「Men In Black II」のゲームが楽しめるのも特徴。映画に登場する武器でエイリアンを倒す射撃ゲームだ。

OSにはSymbian OS v7.0を搭載、UIQと呼ばれるペンで操作するインタフェースを採用していたPDAタイプの端末だ。ストリーミングのメディア再生にも対応、Wordや ExcelといったMicrosoft Officeのデータの編集・閲覧もできる。BluetoothによるPCとのデータ同期も可能だ。

Webは、HTML、XHTML、cHTML、WAPなどの表示に対応し、欧米やアジアにおけるGSM 900/1800/1900のエリアで利用できる。また、中国語バージョンの「P802」も提供される。発売はともに第3四半期の予定。残念ながらGSM 方式のため日本では利用できない。同社日本法人は同様の端末の開発予定はない、とするが、Symbian OS v7.0はCDMA方式にも対応していることもあり、日本での開発も期待したい。
posted by シンビアン at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Symbian OS C++ 実践開発技法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13285640

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。