2006年02月26日

「携帯電話向けOS市場,Symbianの王座は2009年まで」,米調査

The Diffusion Group(TDG)は米国時間2月7日に,携帯電話向けOS市場に関する調査結果を発表した。それによると,同市場では英Symbianの「Symbian OS」が最も優勢だが,米Microsoftの「Windows Mobile」やLinuxの攻勢によりシェアが縮小する見込みという。

 2005年末時点の各OSの市場シェアは,Symbian OSが51%,Linuxが23%,Windows Mobileが17%だった。Linuxは2005年後半に大きく出荷台数を伸ばした。

 「Symbian OSは2007年まで首位の座を維持する。ただし2007年にシェアが縮小し始める。開発者やベンダーによるWindows MobileやLinux,およびネイティブJavaの採用が進むためだ」(TDG社アナリストのLee Allen氏)。

 同社は,2010年末にはSymbian OSのシェアが約22%に減少する一方,Windows Mobileが29%,Linuxが26%にシェアを伸ばすとみる。

 その他の主な調査結果は以下の通り。

・中国市場の台頭や,高機能モデルおよびサービスへの世界的な買い換え需要が,高性能OSの成長を後押しする。

・Windows Mobileは,Pocket PCおよびスマートフォン向けがそろっている点や,「Windows Mobile 5.0」と他のWindowsプラットフォームの密な連携が,企業ユーザーなどのヘビー・ユーザーにアピールする。

・携帯電話向けOS市場で競争に勝つには,他のプラットフォームとの統合をはじめ,アプリケーション開発が容易であることが重要。

・Windows MobileとLinuxが熾烈な競争を繰り広げている間に,米SavaJeの「SavaJe OS」といったネイティブJavaが足がかりを築き始める。
posted by シンビアン at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | NOKIA SMARTPHONE HACKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13832114

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。