2006年02月26日

Sony Ericsson が Symbian OS 搭載端末「M600」を発表―「M990」の詳細も明らかに

Sony Ericsson は、Symbian 0S 9.1 と UIQ 3.0 を採用した UMTS(Universal Mobile Telecommunications System=ヨーロッパの第 3 世代移動体通信システム)端末「M600」(写真左)を、英国時間の 2 月 6 日に発表した。また同日には、昨年 10 月に発表されたスマートフォン「P990」(写真右)の詳細も明らかにされている。

同端末は、 QVGA / 26 万色表示の 2.6 インチカラー液晶、80MB のユーザーメモリを備える、厚さわずか 15mm のストレート端末。Powerpoint や Excel、Word などのオフィスドキュメントが編集可能なアプリケーションや「Adobe PDF viewer」、インターネットブラウザ「Opera 8」などがプリインストールされている。外部メモリには、メモリースティックマイクロを採用している。

P990 は、M600 と同じく Symbian 0S 9.1 と UIQ 3.0 を採用した UMTS / Wi-Fi ネットワーク対応端末。OCR 機能を備えた 200万画素のオートフォーカスカメラ機能を搭載している。今回の発表では、M600 同様に、RIM の BlackBerry Connect などのプッシュ式 E メールサービスへの対応、McAfee 社のアンチウイルスおよびファイヤーウォール機能を備えるセキュリティソフトの試用版、VPN クライアント、MP3 / AAC / AAC+ / E-AAC+ / m4a をサポートしたプレイヤーなどが搭載されることが明らかにされた。発売は、2006 年の第 2 四半期を予定している。
posted by シンビアン at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | NOKIA SMARTPHONE HACKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13832194

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。