2006年02月28日

インテル コーポレーション Symbian と協力し、強力な携帯電話向けソリューションを提供

〜 Symbian のプラットフォームをインテル(R) XScale(TM) マイクロアーキテクチャ対応に 〜

2000 年 9 月 20 日

インテル コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ)は、9 月 18 日〜20 日に開催中の開発者向け技術フォーラム「インテル・デベロッパ・フォーラム 2000 Fall」において、Symbian のプラットフォームをインテル(R) XScale(TM) (読み:エックスケール)マイクロアーキテクチャに対応させる移植作業を行っていると発表しました。これにより、携帯機器メーカは、インテル XScale マイクロアーキテクチャで Symbian のプラットフォームを採用した製品を、いち早く製品化することができるようになります。インテル Xscale マイクロアーキテクチャは、インターネット対応携帯電話からインターネット・インフラストラクチャ機器にいたる様々なシステムで、低消費電力や高性能などの幅広い要求に応えられるように開発されています。Symbian のソフトウェア・プラットフォームは、携帯電話の簡便さとモバイル・コンピューティングの機能を組み合わせたもので、Ericsson、松下電器産業、 Motorola、Nokia、Philips、Psion、三洋電機、ソニーをはじめとする多くの企業にライセンス供与されています。

インテル コーポレーション 副社長 兼ワイヤレス・コミュニケーションズ&コンピューティング事業本部長のロナルド・スミスは、「ワイヤレス産業界では、Symbian のプラットフォームに対する認知度が急速に高まっています。Symbian のプラットフォームとインテル XScale マイクロアーキテクチャの性能がひとつになれば、Symbian のプラットフォームを採用する将来のワイヤレス製品メーカは、リッチなユーザ・インターフェース、先進のマルチメディア性能、そしてより長い電池持続時間を持つ製品を開発できるようになるでしょう」と述べています。

Symbian のビジネス・リレーションシップ担当副社長であるジェレミー・コップ氏は、「Symbian プラットフォームにより、メーカは、オープンなワイヤレスの標準に基づく革新的な次世代携帯電話を開発することが可能となります。先日披露された通り、インテル XScale マイクロアーキテクチャは、低消費電力と驚くべきマルチメディア処理能力を含む高い性能を併せ持っています。両者が結びつくことで、将来のワイヤレス情報機器への理想的なソリューションが提供できるようになるでしょう」と述べています。

◇インテル XScale マイクロアーキテクチャについて

インテル XScale マイクロアーキテクチャは、低消費電力と高性能の特徴を併せ持つ次世代の技術です。インテル XScale マイクロアーキテクチャのコアは、インテル StrongARM テクノロジに基づいており、インテル最新の 0.18 ミクロン・プロセス技術で製造されます。消費電力は 0.1 ミリ・ワット(1万分の1ワット)から 1.6 ワットの幅で可変し、性能面では最高 1GHz のクロック周波数まで高めることが可能です。インテル XScale マイクロアーキテクチャは、様々な通信市場において活用されます。例えば、携帯機器のメーカがインテル XScale コアを用いて、個人情報管理、スケジュール管理、ワイヤレスでのインターネット接続やビデオ配信などの機能を備えた製品を開発することができます。

インテルは、ワイヤレス通信への取り組みを示すべく、1999 年 12 月にワイヤレス・コミュニケーションズ&コンピューティング事業本部を設立しました。同事業本部は、セルラーおよびワイヤレス通信に焦点を当て、成長著しい携帯電話市場に、コンピューティング、ワイヤレス通信機器、データ・アプリケーションのビルディング・ブロックを提供します。インテルにおけるワイヤレスは、業界をリードするフラッシュメモリ、携帯電話向けチップセット、高性能で低消費電力のプロセッサ、DSP 等のコア・ビジネスをベースに構築されています。加えて、インテルではインテル・ワイヤレス・コンピタンス・センタをスウェーデン、日本、中国に開設し、各国の先進企業と協力してワイヤレス・ソリューションの開発にあたっています。

◇インテル・デベロッパ・フォーラム(IDF)について

インテル・デベロッパ・フォーラム(IDF)は、インテルにとって最も重要な技術フォーラムで、毎回、数千人のハードウェアおよびソフトウェアの技術者が参加しています。今年で 3 年目を迎える同フォーラムは、日米欧およびアジアで開催され、世界各国の開発者に対して、インテルの最新技術とイニシアティブについて詳細な情報を提供する場となっています。
posted by シンビアン at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | NOKIA SMARTPHONE HACKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。