2006年03月09日

携帯電話をどちらの手で、どちらの耳で使う?〜携帯電話の習慣を調査

多くのユーザーが、 携帯電話で生活が変わった と感じているように、携帯電話は生活に深く入り込んでいるアイテムだ。しかし、非常にプライベートなアイテムということもあり、携帯電話の使い方が自分と他人で異なっているのかどうかは、なかなかわからないものだ。そんな携帯電話に関する習慣を、とても素朴な観点から調査した。

インターネットコム株式会社 と 株式会社クロス・マーケティング が行った、携帯電話の習慣に関する調査によると、90%のユーザーが携帯電話をあてる耳が決まっており、利き手側の耳を使うユーザーと、反対の耳を使うユーザーは真っ二つに分かれるという結果となった。

調査対象は、18歳〜50代の、男女300人。男女比は男性50%、女性50%、年齢別は、18〜19歳が17.3%、20代20.7%、30代20.7%、40代20.7%、 50代20.7%。

携帯電話のオプション機能で、もっともよく利用するものを質問したところ、やはり「メール」をあげるユーザーがもっとも多く、93%(281人)がよく利用しているようだ。メールと並ぶ携帯電話の一般的な機能である「カメラ」(62%・186人)を除くと、「目覚まし時計」の利用者が多く61.7%(185人)となった。それに次ぐのは「電卓」の45.3%(136人)、「スケジュール帳」の33.3%(100人)。

快適なメール作成環境の鍵となる日本語入力や、スペック競争の定番機能であるカメラなどは、その優秀さをアピールするモデルは多い。しかし、これだけのユーザーが利用している、目覚まし時計の機能を売りにする携帯電話というものは、ほとんど聞いたことがないのが現状だ。なお、電卓に関しては、割り勘電卓などの搭載をアピールしているモデルはある。

操作に関しては、まずメールを打つ際にどちらの手を使うのかを質問した。この結果「利き手を使う」というユーザーが58.4%(164人)、「利き手と逆の手を使う」というユーザーは21.7%(61人)という結果となった。慣れたユーザーならば圧倒的な速度での文字入力ができる「両手で入力」が 13.2%(37人)に上った点も見逃せない。

「通話をする際に、どちらの耳に携帯電話をあてますか」という質問では、答えはほぼ真っ二つに分かれた。90%(270人)のユーザーがどちらの耳にあてるのか決まっており、全体の45%(135人)が「利き手側」、同じく45%(135人)が「利き手と反対側」の耳に携帯電話を当てるという結果となった。

ビジネスマン・OL であれば、利き手と反対側の耳を使う理由はわかるはずだ。オフィスでは、通話しながらメモを取るのは当たり前。利き手にはペンを握り、反対側の手で受話器を持つという習慣がある。このようなオフィスの習慣が、携帯電話を使う際にも現れているようだ。
posted by シンビアン at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話 / スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14531673

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。